Azure

Azure料金に関する豆知識①

こんにちは。新人クラウドエンジニアの三醍醐です。

今回は、Azureの料金について書いていきたいと思います。

Managed Disk vs ページBLOB

Azure Virtual Machineでは、かつて利用されていたページBLOBに代わって、Managed Disk(管理ディスク)の利用が推奨されています。

しかし、スループットや可用性を重視しないユーザーにとってはコストのほうがより重要な選択要素かと思います。

なんとなくページBLOBのほうが安いだろうなどと勝手に思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが(筆者もその一人でした)、実際に比べてみると面白い発見がありました。

  • 表1. Managed DiskとページBLOB料金表
Managed DiskPremium SSDStandard SSDStandardHDD
64GB¥1,195.39¥537.60¥336.90
128GB¥2,308.32¥1,075.20¥659.46
256GB¥4,451.76¥2,150.40¥1,268.74
512GB¥8,572.48¥4,300.80¥2,437.12
1TB¥15,139.04¥8,601.60¥4,587.52
ページBLOBPremiumStandard RA-GRSStandard GRSStandard LRS
64GB¥1,195.39¥537.60430.08322.56
128GB¥2,308.32¥1,075.20860.16645.12
256GB¥4,451.76¥2,150.401720.321290.24
512GB¥8,572.48¥4,300.803440.642580.48
1TB¥15,139.04¥8,601.606881.285160.96

参考:Managed Disks の価格Azure ページ BLOB の価格

上の表は、Managed DiskとページBLOBの料金を比較したものです。

Premium SSD・PremiumページBLOBおよび、Standard SSD・Standard RA-GRSページBLOBの料金は完全に一致します。しかし、Standard HDDとGRS、LRSページBLOBの料金は一致しません。

なぜ一致するものがないのか…1GBあたりの料金を見ることで、答えがわかります。

  • 表2. Managed DiskとページBLOBの1GBあたり料金表
Managed DiskPremium SSDStandard SSDStandardHDD
64GB¥18.68/GB¥8.4/GB¥5.26/GB
128GB¥18.03/GB¥8.4/GB¥5.15/GB
256GB¥17.39/GB¥8.4/GB¥4.96/GB
512GB¥16.74/GB¥8.4/GB¥4.76/GB
1024GB¥14.78/GB¥8.4/GB¥4.48/GB
ページBLOBPremiumStandard RA-GRSStandard GRSStandard LRS
64GB¥18.68/GB¥8.4/GB¥6.72/GB¥5.04/GB
128GB¥18.03/GB¥8.4/GB¥6.72/GB¥5.04/GB
256GB¥17.39/GB¥8.4/GB¥6.72/GB¥5.04/GB
512GB¥16.74/GB¥8.4/GB¥6.72/GB¥5.04/GB
1TB¥14.78/GB¥8.4/GB¥6.72/GB¥5.04/GB

注目していただきたいのはStandard HDD。 StandardページBLOBがGBあたり料金が固定であるのに対し、Managed DiskのStandard HDDは容量が大きくなるにつれて1GBあたりの料金が安くなっていきます。

このため、容量128GBまではページBLOBのStandard LRSのほうが安く、それ以上からは逆転してManaged DiskのStandard HDDのほうが安くなります。

”Managed Disk vs ページBLOB” 結論

  • Premium SSD と Premium ページBLOB、Standard SSD と Standard GRS ページBLOBは料金に差は無い。
  • 128GBまではStandard LRS ページBLOBが安く、それ以上はStandard HDDのほうが安い。

Azure Reserved VM Instances の 料金について

1年または3年分の料金を一括支払いしなければならないと思っていたのですが、いつのまにか月払いというオプションが追加されたAzure Reserved VM Instances(以降RIs)。

このRIsについてのちょっとした豆知識です。

一ヶ月は730時間

Virtual Machineの料金に書かれている1年予約および3年予約の料金は、一括支払い額÷予約年数÷12ヶ月÷730時間で計算された額です。

ここから一括支払い額を逆算することができます。

例) 東日本リージョン・D2v3インスタンスの場合(2020年1月現在)

  • 1年予約
    • 9.1157円/時間 × 730時間 × 12ヶ月 × 1年 = 79,853.532円(実際額 79,856円)
  • 3年予約
    • 6.2093円/時間 × 730時間 × 12ヶ月 × 3年 = 163,180円(実際額 163,184円)

為替などの影響で微妙に誤差はありますが、ほぼ正確な額を計算することができました。

このように、ポータルから確認できないユーザーでも公開されている情報からRIsの支払料金が確認できます。

まとめ

料金ネタは改定がこまめに入るために陳腐化が早いですが、見積作成などを行う中での発見が多々あるので、また気づいたことがあればお伝えできればと思います。

WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その2)前のページ

ARMテンプレートでインフラ構築する。次のページ

関連記事

  1. Azure

    Azure ポイント対サイトの証明書作成

    ポイント対サイト VPN 接続を構成する際の証明書生成につい…

  2. Azure

    Azure VMの自動起動停止を行う

    こんにちは、三醍醐です。今回は、Azure VMの自動起動停…

  3. Azure

    Azure Key Vaultでみんなしあわせ

    私の知っているシステム開発これまでかかわってきたC/SやAS…

  4. Azure

    Azure Virtual Machineのリージョン間複製

    こんにちは。新人クラウドエンジニアの三醍醐です。今回は、管理…

  5. Azure

    普通のAzure Windows VMを、従量課金のSQL VMにしたい

    こんにちは。今回は、通常のWindows VMを従量課金のS…

  6. Azure

    Loganalyticsを利用してログを分析する

    取得したログを分析、必要なログを確認する Loga…

関連記事

  1. 最新情報

    テレワーク導入応援キャンペーン
  2. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版の更新)
  3. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版)AZ-203編
  4. Azure

    Azure AD Connectの構築トラブルメモ
  5. Azure

    Managed InstanceへのDB移行・アプリとの連携時の注意Point
PAGE TOP