Azure

AzureMonitorで作成できるアラートの種類と制限

AzureMonitorのアラートの種類と制限について

AzureMonitorで作成できるアラートには3種類あり、異なる制限があります。
各アラートの概要と制限を軽く紹介します

アラートの概要

アラートの種類内容
アクティビティログアラートAzureポータル、REST API等の外部から
Azureリソースを操作した際のログから
アラートを作成
 例)リソースの削除
 例)仮想マシンの起動、停止
メトリックアラートAzureMonitor、Loganalyticsに保管された
メトリックからアラート作成する
 例)仮想マシンのCPU
 例)ストレージアカウントの使用量
ログアラートLoganalytics、ApplicationInsightsに
保管されたログから特定の条件を満たした
アラートを作成する
 例)特定のキーワードを含むログの件数
 例)特定のユーザーのサインIN情報

アラートの制限

アラートの種類規定値
アクティビティログアラート1サブスクリプション/100個
メトリックアラート1サブスクリプション/2000個
ログ アラート 1サブスクリプション/512個

規定値を超過して作成する場合はサポートへ問い合わせ、上限値を拡張可能。
上記の制限から基本は1リソース単位よりサブスクリプション単位、リソースグループ単位といった内容で作成することでアラートの作成するを抑える必要がある

アクションについて

AzureMonitorで作成したアラートが発生した際に通知やFuncthionの実行等を
実行するアクションを設定することが可能です。
設定できるアクションは下記になります。
 ・ Automation Runbook
 ・ Azure Function
 ・ Azure Resource Manager のロールへのメール
 ・ 電子メール/SMS/プッシュ/音声
 ・ ITSM
 ・ ロジック アプリ
 ・ Webhook
 ・ Webhookのセキュリティ保護
いくつかのアクションについては別のリソースや別サービスへの設定が必要となります。作りこみが必要ない場合は電子メールでの通知が一般的と思います。
アクションにも制限があり電子メールのアクションに設定できるアドレスは1000個まで、1時間あたり100通までとなります。

アラートとアクションの制限についての詳細は
下記リンクのMicrosoft社のドキュメント参照してください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/management/azure-subscription-service-limits#azure-monitor-limits

Managed InstanceへのDB移行・アプリとの連携時の注意Point前のページ

L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:2回目次のページ

関連記事

  1. Appサービス

    Azure App Serviceを使ってみる

    1.はじめにこんにちは、Cloud Engineerの曽我で…

  2. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版の更新)

    新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている状況ですが、早…

  3. Azure

    Azure Virtual Machineのリージョン間複製

    こんにちは。新人クラウドエンジニアの三醍醐です。今回は、管理…

  4. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版)

    2020年になり、早くも Azure 資格試験の更新がありま…

  5. Azure

    Azure Bastion の紹介

    2019年11月6日更新Azure Bastion …

  6. Azure

    Azure ポイント対サイトの証明書作成

    ポイント対サイト VPN 接続を構成する際の証明書生成につい…

関連記事

  1. Appサービス

    AppService周りをまとめてみる(Linux版)
  2. Azure

    Loganalyticsを利用してログを分析する
  3. VDI

    WindowsVirtualDesktopのARM
  4. Azure

    ARMテンプレートでインフラ構築する。
  5. Azure

    Azure料金に関する豆知識①
PAGE TOP