Azure

Azure 資格試験の更新(2020年版の更新)

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている状況ですが、早く収まってほしいと祈るばかりです。
その影響を受けて、Azure の資格や試験も終了時期が延長されました。
試験センターによっては閉鎖しているところもあるかもしれないので、最新の情報を確認するようにお願いします。

Azure 関連試験一覧

2020/04/30 現在、Azure 試験一覧は以下のようになっています。

AI-100: Designing and Implementing an Azure AI Solution
AZ-103: Microsoft Azure Administrator
    (2020/06/30 ⇒ 2020/08/31 廃止予定に変更)
AZ-104: Microsoft Azure Administrator
    (2020/04/02 提供開始。4/30時点ではベータ版)
AZ-120: Planning and Administering Microsoft Azure for SAP Workloads
AZ-203: Developing Solutions for Microsoft Azure
    (2020/05/31 ⇒ 2020/08/31 廃止予定に変更)
AZ-204: Developing Solutions for Microsoft Azure
    (2020/02/24 提供開始。4/30時点ではベータ版)
AZ-220: Microsoft Azure IoT Developer
    (2020/01/09 提供開始)
AZ-300: Microsoft Azure Architect Technologies
    (2020/07/28 ⇒ 2020/09/30 廃止予定に変更)
AZ-301: Microsoft Azure Architect Design
    (2020/07/28 ⇒ 2020/09/30 廃止予定に変更)
AZ-303: Microsoft Azure Architect Technologies
    (2020/04/28 提供開始。4/30時点ではベータ版)
AZ-304: Microsoft Azure Architect Design
    (2020/04/28 提供開始。4/30時点ではベータ版)
AZ-400: Microsoft Azure DevOps Solutions
AZ-500: Microsoft Azure Security Technologies
AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals
DP-100: Designing and Implementing a Data Science Solution on Azure
DP-200: Implementing an Azure Data Solution
DP-201: Designing an Azure Data Solution
DP-300: Administering Relational Databases on Microsoft Azure
    (2020/04/09 提供開始。4/30時点ではベータ版)
MS-100: Microsoft 365 Identity and Services
MS-101: Microsoft 365 Mobility and Security
MS-500: Microsoft 365 Security Administration
70-487: Developing Microsoft Azure and Web Services
    (2020/06/30 ⇒ 2021/01/31 廃止予定に変更)
70-537: Configuring and Operating a Hybrid Cloud with Microsoft Azure Stack Hub
    (2020/06/30 ⇒ 2021/01/31 廃止予定に変更)

試験ポリシーの変更

試験ポリシーも一部変更になりました。
・スケジュール変更およびキャンセル料無料期間の変更
  ⇒6日前までに連絡から24時間前に連絡に変わりました。
・MCSA、MCSD、MCSE 認定および認定試験の廃止延長
  ⇒2020/06/30 廃止予定の所、2021/01/31 に変更。
・ロールベース認定の期限延長
  ⇒2020/12/31 までに期限が切れる認定について、6か月延長。
   例えば、2020/09/30 に期限が切れる認定の場合、2021/03/30 まで自動延長。
・試験バウチャーと割引オファーの有効期限延長
  ⇒2020/03/26 ~ 2020/08/31 までに期限切れとなる場合、2021/01/31 まで延長。

認定資格追加

DP-300 合格で得られる資格が追加になりました。
Microsoft Certified: Azure Database Administrator Associate
データベース管理者とのことで、内容としては Microsoft Azure Data Services および Microsoft SQL Server に関連したものが多くなっています。

ベータ試験

ベータ試験について先着約400名(おそらく全世界で)は割引料金で試験を受けられるようです。
80%割引かつ、次の試験で使える25%割引のコードももらえるようです。
条件として、SME プロフィール データベースのメンバーになるか、試験のポリシーと FAQ のページからベータコードを入手する必要があるようです。SME プロフィール データベースに登録した人の中から無作為に抽出して試験に招待するとのことなので、受けられる人はかなり少なそうです。。。
先着に漏れた場合も、ベータ試験を通常価格で受けることは可能です。

認定資格の有効期限

今まで認定資格の有効期限はありませんでしたが、取得後2年間に変更となったようです。(変更時期は気づかず) ロールベースの認定資格になってからかも知れません。自分の認定ダッシュボードを確認したら、合格日とそこから2年間の有効期限が記載されていました。

ご参考になれば幸いです。

AADDSを構築する記事前のページ

WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その3)次のページ

関連記事

  1. Azure

    Azure Monitor を利用したメトリックの静的しきい値監視

    メトリックについてAzureの一部のリソースは、メト…

  2. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その3)

    その2からかなり時間が空いていますが今回はオートスケールについてと…

  3. Azure

    普通のAzure Windows VMを、従量課金のSQL VMにしたい

    こんにちは。今回は、通常のWindows VMを従量課金のS…

  4. Appサービス

    Azure App Serviceを使ってみる

    1.はじめにこんにちは、Cloud Engineerの曽我で…

  5. Azure

    Runbookで管理タスクを自動化する。

    1.はじめに初めまして、Cloud Engineerの曽我で…

  6. Appサービス

    AppService周りをまとめてみる(Linux版)

    WebApp、OSがWindowsとLinuxで設定回りに差がある…

関連記事

  1. Azure

    Azure VPNについてあれこれ
  2. Azure

    Azureの無料枠ためしてみた。
  3. Azure

    Runbookで管理タスクを自動化する。
  4. VDI

    WindowsVirtualDesktopのARM
  5. Azure

    strongSwanを使ってP2S接続をする記事~CentOS編~
PAGE TOP