Azure

普通のAzure Windows VMを、従量課金のSQL VMにしたい

こんにちは。

今回は、通常のWindows VMを従量課金のSQL VMに変えたいときの手順についてお伝えしていきます。

そもそも従量課金のSQL VMって?

Azure仮想マシンでSQL Serverを利用する場合、ライセンスモデルは3つに別れます。1つが従量課金制(PAYG)、もう1つがAzureハイブリッドベネフィット(AHUB)、そしてディザスターリカバリー(DR)です。

従量課金はAzure VMを稼働させている(=VMが割当解除になっていない状態)時間で支払う方法です。

Azureハイブリッドベネフィットは、ソフトウェアアシュアランス(SA)の付属するSQL Serverライセンスを適用することで利用できる、ライセンスを持ち込む方法です。

ディザスターリカバリーは、名前の通りDR用のVMに適用する持ち込みライセンスモデルです。

従量課金制のSQL IaaS VMを利用したい場合は通常、マーケットプレイスから適当なライセンスのVMを新規作成する必要があります。

手順

  1. インストールしたいバージョンのSQL VMを新規作成します。
  2. C:\SQLServerFull\x64\DefaultSetup.iniをメモ帳などで開き、PIDをメモします。
  3. 新規作成したSQL VMは削除します。
  4. SQL ServerをインストールしたいVMに、SQL Server 評価版をダウンロードします。https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-sql-server
  5. ISOファイルをVMにマウントして、インストールを実行します。その際、メモしたPIDを入力します。
  6. SQL erverインストール後、SQLリソースプロバイダーに登録するために、 以下のPowerShellを実行します。
# VMの情報を取得する
$vm = Get-AzVM -Name <VM名> -ResourceGroupName <リソースグループ名>
# SQL IaaS Agentインストール
Set-AzVMSqlServerExtension -VMName $vm.Name `
-ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Name "SQLIaasExtension" `
-Version "2.0" -Location $vm.Location;
# リソースプロバイダーにSqlVirtualMachineを登録
Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.SqlVirtualMachine
# SQL VMをデプロイする
New-AzResource -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Location $vm.Location `
-ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines `
-Properties @{virtualMachineResourceId=$vm.Id;SqlServerLicenseType='PAYG'}

これで完了です。

余談

今回の方法を使えば、Windows Server 2019にSQL Server 2014をインストールすることや、オンプレミスからSAライセンスの無いSQL Serverをリフト&シフトで利用することができるようになります。

おまけ:現在のAzure SQL Server on Windows Server

2020年7月現在、Potal及びARMテンプレートでSQL Server on Windows VMを作成すると、記憶域プールが利用されています。
記憶域プールを利用する場合、Azure Backupで「ファイル回復」を行うことができません。
ファイル回復を利用できるようにしたい場合、まずデプロイ直後にVMに接続して、記憶域プールを削除してから利用する必要があります。

WindowsVirtualDesktopのARM前のページ

Loganalyticsを利用してログを分析する次のページ

関連記事

  1. Azure

    Loganalyticsを利用してログを分析する

    取得したログを分析、必要なログを確認する Loga…

  2. VDI

    WindowsVirtualDesktopのARM

    相変わらず出てから3か月以上経過なので作成に関しては明示的にわか…

  3. Application Gateway

    L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:3回目

    こんにちは。ヤモトです。今回はApplication Gat…

  4. Azure

    Azureクラシックリソース(Azure Service Management)VMの廃止について

     こんにちは。三醍醐です。 先日、クラシックVMが2023年…

  5. Azure

    Azure Key Vaultでみんなしあわせ(その2)

    はい。Key Vaultを使うとキー情報等の小規模な重要情報の管理が…

  6. Azure

    Runbookで管理タスクを自動化する。

    1.はじめに初めまして、Cloud Engineerの曽我で…

関連記事

  1. Application Gateway

    L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:3…
  2. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その1)
  3. Azure

    Azure ポイント対サイトの証明書作成
  4. Application Gateway

    L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:2…
  5. 最新情報

    Azureでオートスケールを試してみる
PAGE TOP