Azure

普通のAzure Windows VMを、従量課金のSQL VMにしたい

こんにちは。

今回は、通常のWindows VMを従量課金のSQL VMに変えたいときの手順についてお伝えしていきます。

そもそも従量課金のSQL VMって?

Azure仮想マシンでSQL Serverを利用する場合、ライセンスモデルは3つに別れます。1つが従量課金制(PAYG)、もう1つがAzureハイブリッドベネフィット(AHUB)、そしてディザスターリカバリー(DR)です。

従量課金はAzure VMを稼働させている(=VMが割当解除になっていない状態)時間で支払う方法です。

Azureハイブリッドベネフィットは、ソフトウェアアシュアランス(SA)の付属するSQL Serverライセンスを適用することで利用できる、ライセンスを持ち込む方法です。

ディザスターリカバリーは、名前の通りDR用のVMに適用する持ち込みライセンスモデルです。

従量課金制のSQL IaaS VMを利用したい場合は通常、マーケットプレイスから適当なライセンスのVMを新規作成する必要があります。

手順

  1. インストールしたいバージョンのSQL VMを新規作成します。
  2. C:\SQLServerFull\x64\DefaultSetup.iniをメモ帳などで開き、PIDをメモします。
  3. 新規作成したSQL VMは削除します。
  4. SQL ServerをインストールしたいVMに、SQL Server 評価版をダウンロードします。https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-sql-server
  5. ISOファイルをVMにマウントして、インストールを実行します。その際、メモしたPIDを入力します。
  6. SQL erverインストール後、SQLリソースプロバイダーに登録するために、 以下のPowerShellを実行します。
# VMの情報を取得する
$vm = Get-AzVM -Name <VM名> -ResourceGroupName <リソースグループ名>
# SQL IaaS Agentインストール
Set-AzVMSqlServerExtension -VMName $vm.Name `
-ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Name "SQLIaasExtension" `
-Version "2.0" -Location $vm.Location;
# リソースプロバイダーにSqlVirtualMachineを登録
Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.SqlVirtualMachine
# SQL VMをデプロイする
New-AzResource -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Location $vm.Location `
-ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines `
-Properties @{virtualMachineResourceId=$vm.Id;SqlServerLicenseType='PAYG'}

これで完了です。

余談

今回の方法を使えば、Windows Server 2019にSQL Server 2014をインストールすることや、オンプレミスからSAライセンスの無いSQL Serverをリフト&シフトで利用することができるようになります。

おまけ:現在のAzure SQL Server on Windows Server

2020年7月現在、Potal及びARMテンプレートでSQL Server on Windows VMを作成すると、記憶域プールが利用されています。
記憶域プールを利用する場合、Azure Backupで「ファイル回復」を行うことができません。
ファイル回復を利用できるようにしたい場合、まずデプロイ直後にVMに接続して、記憶域プールを削除してから利用する必要があります。

WindowsVirtualDesktopのARM前のページ

Loganalyticsを利用してログを分析する次のページ

関連記事

  1. Azure

    Runbookで管理タスクを自動化する。

    1.はじめに初めまして、Cloud Engineerの曽我で…

  2. Azure

    Azure Site Recoveryの課金について

    少々わかりにくい、Azure Site Recovery の…

  3. Application Gateway

    L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:3回目

    こんにちは。ヤモトです。今回はApplication Gat…

  4. Azure

    Azure Key Vaultでみんなしあわせ(その2)

    はい。Key Vaultを使うとキー情報等の小規模な重要情報の管理が…

  5. Azure

    AzureのDMSでデータを移行してみる記事 ~MySQL編~

    皆様、こんにちは。夏の暑さ対策、エアコンより扇風機派です。×3です。…

  6. Azure

    Azureの無料枠ためしてみた。

    目次1はじめに2Azureの無料枠試してみた2-1前…

関連記事

  1. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版)AZ-203編
  2. Azure

    Azure VPNについてあれこれ
  3. Azure

    Azure Bastion の紹介
  4. 最新情報

    Azureでオートスケールを試してみる
  5. Application Gateway

    L7 負荷分散 Azure Application Gateway について:2…
PAGE TOP