Appサービス

Azure App Serviceを使ってみる

1.はじめに

こんにちは、Cloud Engineerの曽我です。
この記事ではAzure App Serviceについて書いていこうと思います。

Azure App Serviceとは….
任意のプラットフォームやデバイスを対象にWeb/Mobileアプリを
作成出来るサービス群です。
Azure App Serviceには下記複数のアプリの種類が用意されています。

  ・Web Apps:
   Webサイト/アプリケーションをホストするアプリの種類

  ・Mobile Apps:
   モバイルアプリのバックエンドをホストするアプリの種類

  ・API Apps:
   RESTful APIをホストするアプリの種類


  ・Logic Apps:
  ビジネスプロセスを自動化するアプリをホストする(コードの記述無し)

流れとしては”App Serviceプラン”というリソースを作成後、
アプリ作成時に対象プランを指定するといった感じになります。
“App Serviceプラン”は主に下記の種類があります。

  ・Free:
   名前の通り無料。最大10個のアプリでディスク領域(1GB)を共有する。
   インスタンス1台を共有する。

  ・ Shared:
   開発/テスト用の環境向け。
   最大100個のアプリ利用可能 + カスタムドメイン対応。

  ・ Basic:
   開発/テスト用の環境向け。(Sharedより制限が少ない)
   アプリ数の上限が無い。10GBのディスク領域が利用可能。
  最大インスタンス数は3台。(専用)
  SSL対応、SLA = 99.95%など。

  ・ Standard:
   本番環境向け。
   50GBのディスク領域が利用可能。
   自動スケールアウト対応。最大インスタンス数が10台、など。

  ・ Premium:
   250GBのディスク領域が利用可能。
   最大インスタンス数は20台、など。

上記でちらっと記述してますが、Azure App Serviceを利用する事で、
CI/CD(継続的インテグレーション/デプロイ)対応かつスケーラブルで高可用性のWebサイト/アプリケーションを作成する事が出来ます。

Azure App Serviceプランの詳細については下記URLを参照して下さい。

[MS公式サイト:App Service プラン]
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/app-service/plans/

2. 実際にデプロイしてみる。

実際に簡易的なWebサイトを作成します。
※ Azureポータルから作成しますが、
  Appリソース及びサンプルコードについてはaz cliコマンドを使用します。

・Azureポータルの[すべてのサービス]から”App Serviceプラン”を検索し、
 ”追加”もしくは”App Serviceプランの作成”をクリックします。

・対象のサブスクリプションやリソースグループ、App Serviceプラン名、
 OS等を指定します。SKUは無料の”Free”を選択しております。

“確認と作成”をクリックし、設定内容に問題無ければ”作成”をクリックします。

次にローカルに用意したサンプルコードがあるディレクトリまで移動し、
“az cli”コマンドでWebApp作成+コードのデプロイを実行します 。
※GitHubにサンプルアプリのリポジトリが用意し
 ”git clone”コマンドで複製すると用意が簡単です。

cd static-website  ← コードが含まれているディレクトリへ移動

az webapp up -l japaneast -n orenowebapp -g AppRG -p OreNoAppServicePlan  ← webappの作成及びサンプルコードのデプロイ

正常な場合、コマンドを実行後下記のようなメッセージが出ます。

デプロイされるとポータルにて接続URLが表示されるので、
そこから作成されたWebサイトへアクセス出来ます。(画面赤枠をクリック)

URLへアクセスし、デプロイしたWebサイトが表示されました。

補足。

これはプレビューですがデプロイしたWebサイトのコードを
簡単に編集出来る機能も利用可能です。
※App Service Editer(プレビュー)⇨移動から

3. まとめ

僕自身webやアプリの知識が全く無いので、本当に簡易的なリソースしか作成しませんでしたが、逆に考えると、そんな方でも簡単にWebサイトやアプリ環境を作れるんだなあと感じました。
App ServiceはPaaSのリソースであり、OSやミドルウェアの部分が
クラウド管理となるので、開発エンジニアの方は余計な事を考えずに
アプリ開発に集中出来るという利点もあるので便利だと感じました。

長々と読んで頂き有難うございました!

この記事を書いている人
プロフィール画像

そがひろ。

趣味はカラオケとカード手品とチーズバーガーです。

記事について・製品についてのお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

Azureの無料枠ためしてみた。前のページ

Azure AD Connectで オンプレADをAzureADへ同期次のページ

関連記事

  1. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その1)

    GAされてもう2か月たってますが…WindowsVirt…

  2. Azure

    Azure Monitor を利用したメトリックの静的しきい値監視

    メトリックについてAzureの一部のリソースは、メト…

  3. Azure

    AzureのDMSでデータを移行してみる記事 ~MySQL編~

    皆様、こんにちは。夏の暑さ対策、エアコンより扇風機派です。×3です。…

  4. Azure

    Azureクラシックリソース(Azure Service Management)VMの廃止について

     こんにちは。三醍醐です。 先日、クラシックVMが2023年…

  5. Azure

    Azure Migrateを使ったIaaS移行

    はじめまして。新人クラウドエンジニアの三醍醐です。今回は、新機能が実…

  6. Azure

    Azure 資格試験の更新(2020年版)AZ-203編

    2020年になり、早くも Azure 資格試験の更新がありま…

関連記事

  1. Azure

    Azure Site Recoveryの課金について
  2. 最新情報

    Azureでオートスケールを試してみる
  3. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その2)
  4. ID管理とセキュリティ

    Azure AD Connectで オンプレADをAzureADへ同期
  5. Azure

    普通のAzure Windows VMを、従量課金のSQL VMにしたい
PAGE TOP