Azure

Azureの無料枠ためしてみた。

目次

1はじめに
2Azureの無料枠試してみた
2-1前提条件
2-2Azureの無料枠に登録
2-3試しにVitualMachine1台作ってみた。
2-4注意点

1.はじめに


どうも、メタボエンジニアのたぁちんです。

巷には様々なクラウドサービスがあります。

どのクラウドサービスがいいんだろう?試してみたいな?
という人の為に、大手の各社(?)とも無料枠というのが準備してあって、
期間だったり料金だったりの条件付きで設定されてるみたいです。

Micorosoftが提供しているAzureではおおよそ下記の条件で無料で使えます。
(2019年10月時点)
・期間:12か月
・料金:22500円
詳細はこちら

まぁ無料で使う分にはこれぐらいで充分なんじゃないかな?
と思うので、Azureの無料枠試してみた。


2 Azureの無料枠試してみた


2-1 前提条件
無料で使うにあたり、いくらか条件があります。
詳細はこちらを見ればいいんですけど、
気にすべきことだけまとめてみます。

・対象はAzureに支払った事のない新規のお客様
・準備が必要なものは、下記3点
  -電話番号
  -クレジット カード
  -GitHub アカウントまたは Microsoft アカウント ユーザー名
・かなりできることが多いが、有料でできる事すべてができるわけではない。

これを見ると「無料枠なのに、クレカ…必要なのか…」と思うかもしれません。
が、安心してください!
Azureの無料枠の条件を超えて使用した場合は、
Aureサービスの停止になります。
22500円超過した分を、勝手に請求されるわけではありません。
しかも、サービス停止なので、作った物が消される訳でもありません。
無料枠から従量課金に切り替えることで、続けて利用できる為、
なかなかの親切だと思います。
まぁこれぐらいあれば充分ですね。


2-2 Azureの無料枠に登録
①とりあえず、こちらにアクセス
「無料で始める」をクリック。

アカウントにログインします。

下記項目全て埋めて次へ。

「電話する」をクリックすると電話がかかってくるので、
聞いた確認コードをいれます。

ここも全て埋めてください。
住所は全角と半角が混じって入力しても、登録できました。

下記の□にチェックを入れて、サインアップをクリック


「サブスクリプション契約、オファーの詳細、プライバシーに関する声明に同意します。」

これで、Azureの無料枠が使用できるようになりました。


2-3 試しにVitualMachine1台作ってみた。

それでは、さっとWindowsServerでもたててみますか!

ざっと設定した項目を記載していきます。
ポータルに移動」をクリックすると、Azureのポータルに移動します。
*対象箇所がわかりやすいように、一部赤枠でしるしを記載しています。

ポータルに移動後、「Virtual Machines」をクリック。


VitualMachinesより、「追加」をクリック 。

・新規作成にて、リソースグループを作成
・新しくたてる仮想マシン名を入力
・地域 (どのリージョンにマシンを作成するか) を選択
・ イメージ(どのOSを入れるか)を選択
・サイズを選択 (どれぐらいの性能にするか)
・管理者アカウント情報を記入(リモデで使うIDとPWになります)
・「選択したポートを許可します」を選択
・受信ポートを選択 ( 今回は 「HTTP,HTTPS,RDP」としました。)
「次:ディスク」をクリック。

・OSディスクの種類を選択 
(Standard HDDが一番安いので、 Standard HDD にしました。)
「次:ネットワーク」をクリック 。

ネットワーク以降はデフォルトのままでいいかな良いかな…と思えてきました。
ブート診断、タグ辺りの設定を少しデフォルトから変えましたが、

内容が多くなってきたので割愛します。
「次:確認及び作成」 となるまで、「次:XXXX」を押していってください。

「次:確認および作成」をクリック後、問題がなければ左下の
「作成」をクリック。

デプロイが始まり、 体感 ですが2分ぐらいでマシンが出来上がります。

それでは、作成したマシンへ接続してみましょう!

上記図の「リソースに移動」をクリックする。
もしくは「Vitual Machines」より先ほど作成したマシンを選択する。

下記図のような画面に遷移したら、パブリックIPアドレスにてアドレスがわかる為、リモートデスクトップ接続が可能です。

また、「接続」-「RDPファイルのダウンロード」にて、
該当マシンへ接続する RDPファイルをダウンロードが可能です。


ダウンロードしたRDPファイルを用いて接続すると全画面で接続するため、
個人的には、「Win」+「R」で「ファイル名を指定して実行」にて、「mstsc /w:幅 /h:高さ」と記載し、パブリックIPを記載して接続するのがオススメ。
(使いやすい解像度でリモートデスクトップを行える。)

おなじみ?のWindowsServerに接続できました!

2-4 注意点
注意点というか、Microsoftに非がない事だと思うんですけど、下記ちょっと焦りました。

・「2 電話による本人確認」を、電話で行いました。
「電話する」をクリックしたらすぐに電話がかかってきて、出たのですが…
スマホでワイヤーレスイヤホンに接続していたため、
あっれ?音声聞こえねぇぞ?あれ?あ、イヤホンから音出てる!
ひぃぇー何文字か聞き漏らした!くそう!
っていうか、英語で番号言われるんだ。
あ、もう一回番号言ってくれた!あざ~す!ってなりました。

2回言ってくれるMicrosoftの優しさを感じました!

・ブラウザの問題
「4 アグリーメント」の際に、チェックボックスが表示されず何したらいいのかさっぱり…

で、別のブラウザでするかぁ…1から入力しなおし…めんどくさ…
と思いながらしぶしぶ別のブラウザで開くと、
「1 自分の情報」 ~ 「3 カードによる本人確認」の項目が既に確認終わっている!!

またまたMicrosoftの優しさを感じました!

画面的にはこんな感じ

ところで、FireFox側でチェックボックスが全く見えませんでした。
こんなにイケてるページなのにFireFoxに対応してないだと?
いやいや、ありえんでしょ?と思って考え直したところ、

僕がブラウザ(FireFox)のサイズを70%に縮小していたのが、原因でした!!!


この記事を書いている人
プロフィール画像

たぁちん

たまーにVanVan200かTS50W(ハスラー)に乗っています。宝くじが当たれば、DR-Z400かRMX250かDjebel250かTS185を買う予定です。

記事について・製品についてのお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

Azure Site Recoveryの課金について前のページ

Azure App Serviceを使ってみる次のページ

関連記事

  1. Azure

    Azure AD Connectの構築トラブルメモ

    今回はAzure AD Connect(AADC)を構築した際に色々…

  2. Azure

    Azure Virtual Machineのリージョン間複製

    こんにちは。新人クラウドエンジニアの三醍醐です。今回は、管理…

  3. Azure

    Azure Site Recoveryの課金について

    少々わかりにくい、Azure Site Recovery の…

  4. Azure

    strongSwanを使ってP2S接続をする記事~CentOS編~

    皆様こんにちは。朝一で白シャツにコーヒーをこぼした日のモチベーション…

  5. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その3)

    その2からかなり時間が空いていますが今回はオートスケールについてと…

  6. Azure

    Azure ポイント対サイトの証明書作成

    ポイント対サイト VPN 接続を構成する際の証明書生成につい…

関連記事

  1. Azure

    Loganalyticsを利用してログを分析する
  2. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その2)
  3. Azure

    Azure Bastion の紹介
  4. Application Gateway

    L7負荷分散 Azure Application Gateway について:1回…
  5. Azure

    ARMテンプレートでインフラ構築する。
PAGE TOP