自動スケール

Azureでオートスケールを試してみる

こんにちは。北島です。
本日はクラウドの最大の武器であるオートスケールをAzureで試して
みたいと思います。

オンプレ環境では最大の負荷を考慮し、リソースを準備しないといけないため、どうしても無駄なリソースが発生してしまいます。
そこで便利なのがクラウドのオートスケール。環境の負荷に合わせて自動でリソースを増減してくれる素晴らしい機能です。

では実際にポータルから仮想マシンのスケールセットを作成してみましょう!

ポータルの[リソースの作成]を選択し[Virtual machine scale set]と入力すると
以下の画面が表示されるため、[作成]を選択します。

各項目を入力していきます。

[インスタンス数]は初期の仮想マシンの数となります。

ここからスケールセットの増減する条件の設定となります。
[自動スケーリング]:動作検証のため、有効に設定。
[VMの最小数]:仮想マシンの最小数を指定。負荷に関係なくこの数を下回ることはない。
[VMの最大数]: 仮想マシンの最大数を指定。負荷に関係なくこの数を上回ることはない。
■スケールアウト:仮想マシンを増加する条件
[CPUしきい値]:設定した値の負荷を超えた場合VMを追加する
[追加するVM数]:しきい値を超えた場合に追加するVM数
■スケールイン:仮想マシンを減少する条件
[ CPUしきい値 ]: 設定した値の負荷を下回った場合VMを減少する
[ 削除するVM数 ]: しきい値を下回った場合に削除するVM数


スケールセット内のVMにはロードバランサー経由でアクセスするため、
今回は通常のロードバランサーを作成します。

仮想ネットワークを構成します。
今回はすべて新規で作成します。

すべての設定が完了したら[作成]を選択します。

作成が完了したら、現状のスケールセットの状態を確認してみます。
作成の際に指定した数(2台)のVMがスケールセット内で
起動していることが確認できますね。

では、仮想マシンにCPU負荷をかけて、再度確認してみます。
自動で仮想マシンがスケールアウトしていることが確認できます!
※作成の時に指定したVMの最大数を超えることはない

今度は逆にCPU負荷を下げて状態を確認してみましょう。
自動でスケールインしていることが確認できます!
※作成の時に指定したVMの最小数を下回ることはない

スケールセット機能を利用すれば
システムの負荷状況に合わせ自動でリソースを増減できるため
無駄なリソースを起動しておく必要がありません。
クラウドは従量課金のため、コストも最小限に抑えられますね。

この記事を書いている人
プロフィール画像

きた

最近体のおっさん化が止まらないので、ジムに通ってなんとか防ごうとしています。

記事について・製品についてのお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

関連記事

ARCHIVES

  1. 自動スケール

    Azureでオートスケールを試してみる
  2. Azure

    Azure Key Vaultでみんなしあわせ(その2)
  3. Azure

    ARMテンプレートでインフラ構築する。
  4. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その2)
  5. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その1)
PAGE TOP