Office 365

Microsoft 365のプラン

こんにちは三醍醐です。

以前書いたOffice 365 F3の記事がもはや古くなってしまったので、

今のMicrosoft 365・Office 365のプランと、無料版Teamsの利用について書いていきたいと思います。

Office 365からMicrosoft 365へ

2020年3月にいくつかのOffice 365プランはMicrosoft 365を冠する名前に変更されました。

ただし、Office 365の名前がなくなったわけではなく、

Enterprise向けのプランにまだOffice 365の名前を残しています。

Office 365 Business Essential → Microsoft 365 Business Basic

Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard

Office 365 Business       → Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Business      → Microsoft 365 Business Premium

Office 365 Pro Plus      → Microsoft 365 Apps for enterprise

名前は変更されましたが、値段や機能に変更はありません。

Microsoft 365プランの差異

料金と機能は以下の表のとおりです。

購入検討時の参考にどうぞ。

Microsoft 365

Office 365

※1

Exchange

 Plan1:メールボックス50GB、インプレースアーカイブ無し、データ損失防止無し。

 Plan2:メールボックス100GB、インプレースアーカイブ有り、データ損失防止有り。

 Kiosk:メールボックス2GB、インプレースアーカイブ無し、データ損失防止無し。

SharePoint

 Plan1:組織あたりストレージ1TB+(ライセンス数×10GB)、基本機能

 Plan2:組織あたりストレージ1TB+(ライセンス数×10GB)、基本機能+DLP・訴訟ホールド・インプレースホールド

 Kiosk:組織あたりストレージ1TB、管理者権限・サイトメールボックス・個人用サイト無し

※2

 Enterprise Mobility Suite Direct:Azure AD Premium P1、Microsoft Intune、Office 365 Cloud App Security、Azure Information Protection Plan1(ATP)、Azure Multi-Factor Authentication(MFA)、Azure Rights Management

 Enterprise Mobility + Security E5:Azure AD Premium P2、Microsoft Intune、Microsoft Cloud App Security、Azure Information Protection Plan2(ATP)、Azure Multi-Factor Authentication(MFA)、Azure Rights Management、Azure Advanced Threat Protection

 MDM:Mobile Device Managemet for Office 365。

無料版Teams

現在Microsoft 365系サブスクリプションサービスを一切利用したことがない(Azure ADテナントが無い)場合、無料版Teamsを利用することができます。

利用開始手順は公式のサポートページに詳しく記載されているので、ここでは割愛します。

無料版の Teams へのサインアップを行う – Office サポート (microsoft.com)

既に利用している会社ドメインのメールアドレスや、個人用outlook、Gmailアドレスで利用開始できます。

Teamsが利用可能になると同時に、「Azure AD for Office 365」ライセンスでAzure Active Directory(以下Azure AD)のテナントが作成されます。

Teams利用開始時に会社名を英語と数字で記載した場合は「”会社名”.onmicrosoft.com」、日本語で入力した場合は「”メールアドレスから記号抜いた文字列”.onmicrosoft.com」で作成されます。

例) 会社名「contoso」の場合、「contoso.onmicrosoft.com」。

 会社名が日本語でメールアドレスが「user-1.name@contoso.com」の場合「user1namecontoso.onmicrosoft.com」。

無料版Teamsで使える機能と管理

無料版Teamsに含まれている機能は

  • MCO Free for Microsoft Teams (free)
  • Microsoft Teams (free)
  • SharePoint Kiosk
  • Whiteboard(Firstline)

です。

実際には、OneDrive for Business、Microsoft Office online(Word、Excel、PowerPoint)、OneNoteの機能も使えます。

OneDrive for Businessは、ファイルにパスワードをかけて公開すること等、一般向けの無料OneDriveより高い機能を持っています。

無料版Teamsは、これからビジネスを始めたい人にとってリーズナブルな選択肢となるでしょう。

WVD RDP Shortpath を試してみる記事前のページ

Azure CDNでマルチオリジンをやってみる記事次のページ

関連記事

  1. Office 365

    Office 365 F3(旧F1)

    こんにちは、三醍醐です。今回はAzureの話ではなく、同じく…

関連記事

  1. 未分類

    「Azure Functions」をC#で触ってみました。#2
  2. Azure

    Azure CDNでマルチオリジンをやってみる記事
  3. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その3)
  4. Azure

    WindowsVirtualDesktopがGAされているので(その1)
  5. 最新情報

    テレワーク導入応援キャンペーン
PAGE TOP