Office 365

Microsoft 365のプラン

こんにちは三醍醐です。

以前書いたOffice 365 F3の記事がもはや古くなってしまったので、

今のMicrosoft 365・Office 365のプランと、無料版Teamsの利用について書いていきたいと思います。

Office 365からMicrosoft 365へ

2020年3月にいくつかのOffice 365プランはMicrosoft 365を冠する名前に変更されました。

ただし、Office 365の名前がなくなったわけではなく、

Enterprise向けのプランにまだOffice 365の名前を残しています。

Office 365 Business Essential → Microsoft 365 Business Basic

Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard

Office 365 Business       → Microsoft 365 Apps for business

Microsoft 365 Business      → Microsoft 365 Business Premium

Office 365 Pro Plus      → Microsoft 365 Apps for enterprise

名前は変更されましたが、値段や機能に変更はありません。

Microsoft 365プランの差異

料金と機能は以下の表のとおりです。

購入検討時の参考にどうぞ。

Microsoft 365

Office 365

※1

Exchange

 Plan1:メールボックス50GB、インプレースアーカイブ無し、データ損失防止無し。

 Plan2:メールボックス100GB、インプレースアーカイブ有り、データ損失防止有り。

 Kiosk:メールボックス2GB、インプレースアーカイブ無し、データ損失防止無し。

SharePoint

 Plan1:組織あたりストレージ1TB+(ライセンス数×10GB)、基本機能

 Plan2:組織あたりストレージ1TB+(ライセンス数×10GB)、基本機能+DLP・訴訟ホールド・インプレースホールド

 Kiosk:組織あたりストレージ1TB、管理者権限・サイトメールボックス・個人用サイト無し

※2

 Enterprise Mobility Suite Direct:Azure AD Premium P1、Microsoft Intune、Office 365 Cloud App Security、Azure Information Protection Plan1(ATP)、Azure Multi-Factor Authentication(MFA)、Azure Rights Management

 Enterprise Mobility + Security E5:Azure AD Premium P2、Microsoft Intune、Microsoft Cloud App Security、Azure Information Protection Plan2(ATP)、Azure Multi-Factor Authentication(MFA)、Azure Rights Management、Azure Advanced Threat Protection

 MDM:Mobile Device Managemet for Office 365。

無料版Teams

現在Microsoft 365系サブスクリプションサービスを一切利用したことがない(Azure ADテナントが無い)場合、無料版Teamsを利用することができます。

利用開始手順は公式のサポートページに詳しく記載されているので、ここでは割愛します。

無料版の Teams へのサインアップを行う – Office サポート (microsoft.com)

既に利用している会社ドメインのメールアドレスや、個人用outlook、Gmailアドレスで利用開始できます。

Teamsが利用可能になると同時に、「Azure AD for Office 365」ライセンスでAzure Active Directory(以下Azure AD)のテナントが作成されます。

Teams利用開始時に会社名を英語と数字で記載した場合は「”会社名”.onmicrosoft.com」、日本語で入力した場合は「”メールアドレスから記号抜いた文字列”.onmicrosoft.com」で作成されます。

例) 会社名「contoso」の場合、「contoso.onmicrosoft.com」。

 会社名が日本語でメールアドレスが「user-1.name@contoso.com」の場合「user1namecontoso.onmicrosoft.com」。

無料版Teamsで使える機能と管理

無料版Teamsに含まれている機能は

  • MCO Free for Microsoft Teams (free)
  • Microsoft Teams (free)
  • SharePoint Kiosk
  • Whiteboard(Firstline)

です。

実際には、OneDrive for Business、Microsoft Office online(Word、Excel、PowerPoint)、OneNoteの機能も使えます。

OneDrive for Businessは、ファイルにパスワードをかけて公開すること等、一般向けの無料OneDriveより高い機能を持っています。

無料版Teamsは、これからビジネスを始めたい人にとってリーズナブルな選択肢となるでしょう。

WVD RDP Shortpath を試してみる記事前のページ

Azure CDNでマルチオリジンをやってみる記事次のページ

関連記事

  1. Office 365

    Office 365 F3(旧F1)

    こんにちは、三醍醐です。今回はAzureの話ではなく、同じく…

関連記事

  1. 最新情報

    テレワーク導入応援キャンペーン
  2. Azure

    Azure Key Vaultでみんなしあわせ
  3. Office 365

    Office 365 F3(旧F1)
  4. Azure

    Azure AD Connectの構築トラブルメモ
  5. Azure

    Azure VPNについてあれこれ
PAGE TOP